肌の汚れを持ち越さない正しいクレンジングのすすめ

  • HOW TO
毎日のクレンジングは女性にとって欠かせないもの。
肌の調子が悪い。肌のくすみが気になる。毛穴の汚れがたまっている気がする。
そんな肌のお悩みをお持ちの方は、一度クレンジングの方法を見直してみませんか?
「スキンケアの基本はしっかりと汚れを落とすことから。」
間違った方法をくり返していると肌にダメージを与えてしまう可能性も。
今回は、スキンケアの中でも特に大切な「落とす」工程のクレンジングのポイントや肌に合った製品の選び方、
正しいクレンジング方法、をご紹介していきます。

クレンジングの役割

クレンジングとは、メイクをはじめ肌表面や毛穴に詰まった汚れ・角栓・黒ずみなどを取り除くことです。
軽いメイクの場合でも、肌の表面には様々な汚れが付着していますので、クレンジングは毎日行うのがおすすめ。
汚れを十分に落とさないまま翌日に持ち越してしまうと、
雑菌が繁殖する危険もあり、肌に大きな負担がかかり肌荒れや、くすみ、黒ずみの原因にも。
メイクなどの汚れはその日のうちにきちんと落とし、肌を清潔に保つことが重要なのです。

クレンジングの種類と選び方

クレンジングの種類によって、洗浄力や洗い心地が異なります。
肌質やメイクの濃さ・使用するアイテムなどに合わせて、きちんと自分に合ったクレンジングを選ぶことが大切です。

オイルタイプ

一般的にクレンジング力が最も高く、素早くしっかりとメイクや汚れを落とせるオイルタイプ。
濃いメイクの時や、ウォータープルーフタイプのアイテムを使用している場合におすすめです。

ジェルタイプ

ジェル特有の弾力のあるテクスチャーで、摩擦による肌への負担がかかりにくい特徴のジェルタイプ。
油性ジェルやオイルフリーのものなど様々なタイプがあります。
毛穴ケアができるホットタイプも人気。

クリームタイプ

クリーム状のテクスチャーが肌の上をするすると滑り汚れを乳化するため、洗浄力が高く保湿力もあるクリームタイプ。乾燥肌・敏感肌の方にもおすすめです。

ミルクタイプ

乳液状のミルククレンジングは、保湿効果も高く肌への負担が少ないのが特徴。程よい洗浄力と保湿力を兼ね備えているものが多く、ナチュラルメイク派や肌への優しさにこだわる方におすすめです。

ローションタイプ・シートタイプ

洗い流し不要のふき取りタイプで、手軽にメイクを落とすことができます。
ローションタイプのものは、コットンにたっぷりと含ませてメイクをふき取ります。
洗い流し不要という手軽さが魅力ですが、肌への摩擦が加わりやすいため、肌が敏感な方は注意が必要。

大きく分けて5種類のタイプに分けられるクレンジング。
使用感や洗いあがりのお好みはもちろん、肌の状態などによって使い分けるのもおすすめです。
自分の肌にしっくりくるクレンジングを見つけてくださいね。

正しいクレンジングの大切さとは?

クレンジングは毎日欠かさず行って、肌を清潔に保つことが重要であると紹介しました。
しかし、むやみやたらに間違った方法や肌に合わない製品でのクレンジングを続けると、
逆に肌トラブルを引き起こしてしまう可能性も。
肌をきれいに保つスキンケアのベースとなるクレンジングだからこそ、正しい方法、肌に合った製品でクレンジングを行いましょう。

間違ったクレンジングが肌トラブルにつながる!?

一般的なクレンジングは、水と油などをなじませやすくして、タンパク質を溶かす性質を持つ「界面活性剤」を主成分としています。
そのため、洗浄力が強すぎてしまったり、肌に必要な皮脂まで落としてしまったりすることがあります。
また、クレンジング中のこすりすぎによる摩擦が肌への刺激となることも。
その結果、乾燥につながったり、敏感肌になってしまったりするのです。
しかし反対に、肌への優しさを重視して、メイクをきちんと落とし切れず肌に残してしまっても、
くすみや黒ずみ、肌荒れなどトラブルの原因になってしまいます。
肌の水分を保ち、肌に必要な皮脂を残しつつ、肌への摩擦を最小限に、メイクや汚れをきちんと落としてくれるクレンジングを正しく使うことが大切なのです。

クレンジングによる肌トラブルの原因

  • 洗浄力が強すぎるクレンジングの使用
  • 肌をこすってしまって摩擦が起きている
  • クレンジングに時間をかけすぎている
  • 熱いお湯・冷たすぎる水を使っているなどの外的刺激
  • 汚れをきちんと落としきれていない

あなたのクレンジング間違っていませんか?

毎日のルーティーンの中に組み込まれているクレンジング。
忙しさや疲れを理由についつい適当になってしまってはいませんか?
また、正しいと思っていたクレンジング方法も実は肌の負担になり、
くすみや黒ずみ等の肌のお悩みを引き起こしているかもしれません。
正しいクレンジング方法をご紹介しますので、改めてチェックしてみてくださいね!

正しいクレンジングの方法

クレンジングを行うときは、ぬるま湯を使用し、絶対に肌をこすったり、力をかけすぎたりせずに優しく手早くがポイント。

POINT

  • 清潔な手に、適量のクレンジングをとり、体温であたためるようにして手のひら全体にのばします。
    ※使用量が少なすぎると、摩擦など肌に余計な負担がかかってしまう恐れがあるので注意。
  • 手のひらや指の腹を使ってお顔全体に優しくクレンジングをなじませ、
    自然にメイクや汚れを浮き上がらせます。
  • 小鼻などの細かい部分は指の腹で小さな円を描くようにくるくると優しくなじませましょう。
  • ぬるま湯で十分にすすぎます。

洗い上がりの肌を触ってチェックしよう

クレンジング後は洗顔、化粧水、美容液、乳液、クリームなどとスキンケアが続きますが、しっかり汚れが落とせているか、クレンジング後の肌を触ってチェックしてみましょう。
チェックポイントは、3つ。

CHECK

  • 目の周りや口元のメイクはしっかりと落ちているか
    鏡を見て、落としきれていないメイクや汚れはないか、しっかりチェックしましょう
  • 小鼻周りのざらつきを残っていないか
    小鼻周りは最もざらつきや毛穴汚れがたまりやすい箇所。
    残った汚れやざらつきがないか、指の腹で触って確認しましょう。
  • 肌全体がしっとり、もっちりと洗いあがっているか
    手のひらで包み込むようにお顔全体に触れてみてください。
    突っ張ったりすることなく、しっとりもっちりとした肌になっていればOKです。

クレンジングでスキンケア効果アップ

美肌をつくるスキンケアの大切なファーストステップ「クレンジング」。
メイクや毛穴に詰まった汚れはきちんと落としつつ、必要な皮脂を落としすぎたり肌に負担をかけすぎたりしないように、自分に合ったクレンジングを正しく使うことが大切です。
ヘアケアやボディケアで培っノウハウを活かしたボタニストのスキンケアラインのクレンジングは、弾力のあるとろみオイルでメイクや汚れをしっかりと落とすボタニカルクレンジングオイルと、うるおいミルクが摩擦を抑えて、しっかり落とすボタニカルクレンジングミルクの2種類。
どちらの製品も、植物性のやわらか繊維構造のボタニカルクッションタッチ処方でメイクをしっかりと絡めとり、弾力テクスチャーで肌への負担を抑えてくれる、肌に優しいクレンジングです。
また、植物科学発想のボタニカルメソッドでクレンジング後もつっぱらない、潤いのあるもちもちのクッション素肌へと導きます。
同シリーズのフェイスウォッシュとの併用もおすすめです。

お気に入りのアイテムを使った毎日の正しいクレンジングで、トラブル知らずの美しい肌を目指してみてくださいね。

肌への負担を抑えたBOTANISTのスキンケアライン