特別なケアが髪に潤いをあたえる。

  • HOW TO

パサパサの髪の毛、アウトバスケアアイテムを使って艶髪へ

髪が傷んでパサパサ…。
でも、どんなヘアケアアイテムが自分の髪に合うかわからない。
今回はBOTANISTが展開しているアウトバスのヘアケアアイテムの選び方と正しい使い方をご紹介させてください。

そもそも髪が傷む原因は?

紫外線やカラー、パーマなど外部からのダメージによって
キューティクルは損傷してしまい、乾燥しやすくなります。
そうすると静電気が起こりやすくなったり、切れ毛や枝毛の原因にも繋がってしまうんです。
乾燥した髪は艶のないパサついた印象をあたえてしまうのです。

艶髪には髪の保湿が大切

美しい髪を保つためには、お肌と一緒で「保湿」が大切。
ヘアケアアイテムを正しく使い分けて、乾燥知らずの艶髪を目指しましょう。

乾燥を予防するヘアケア方法

シャンプーやトリートメントでケアした髪も時間と共に水分は蒸発しています。
浸透した水分を逃がさないようにコーティングすることが大切なんです。

髪を乾燥から守る3つアウトバスケアアイテム

髪の保湿ケアにおすすめなBOTANISTのアウトバスケアアイテム、「ボタニカルヘアオイル」「ボタニカルヘアミルク」「ボタニカルヘアウォーター」の3つのアイテムを紹介させてください。
「どんなヘアケアアイテムが自分に合うかわからない…。」そんな方は、ぜひチェックしてみてください。

浸透した水分を逃がさず、閉じ込める

ボタニカルヘアオイル

ボタニカルヘアオイルは髪の表面をコーティングし髪の水分を閉じ込めてくれるアイテムです。
特にハイダメージでお悩みの方におすすめ。
なめらかな指通りと艶のある髪へと導きます。
濡れた髪に使うことで髪のもつれを予防してくれるうれしい効果もありますよ。
ウェットな質感を出したいときなど、スタイリングアイテムとしてもお使いいただけます。

こんなあなたにオススメ

  • 髪に艶がない
  • 髪のごわつきが気になる
  • コテやヘアアイロンをよく使う
  • しっとり艶髪になりたい

使い方

タオルドライ後の髪に適量を手のひらで伸ばして、乾燥やダメージを受けやすい毛先を中心に髪全体へなじませます。
乾燥やダメージが気になる箇所には重ねづけがおすすめ!
洗い流しは不要です。

使用目安量

  • [ ショート ]:0.5プッシュ
  • [ ミディアム ]:中間から毛先 0.5~1プッシュ、髪全体 1~1.5プッシュ
  • [ ロング ]:中間から毛先 1~1.5プッシュ、髪全体 2~3プッシュ

失った水分を髪内部に浸透させる

ボタニカルヘアミルク

ヘアミルクはカラーやパーマで傷んだ髪にうるおいをあたえて、軽やかな質感でしっとりまとまる髪へ仕上げます。
パーマや巻き髪のスタイリングや、髪の艶出しにも使えるんです。
お風呂上がりや朝のスタイリング時に使って、しっとり感をキープ!

こんなあなたにオススメ

  • 髪のパサつき、広がりが気になる
  • パーマ、カラーで髪が傷んでいる
  • コテやヘアアイロンをよく使う
  • しなやかな髪になりたい

使い方

タオルドライ後、または乾いた髪に、適量を手のひらで伸ばして、乾燥やダメージを受けやすい毛先を中心に髪全体へなじませます。
乾燥やダメージが気になる箇所には重ねづけがおすすめ。
洗い流しは不要です。

使用目安量

  • [ ショート ]:0.5プッシュ
  • [ ミディアム ]:中間から毛先 0.5~1プッシュ、髪全体 1~1.5プッシュ
  • [ ロング ]:中間から毛先 1~1.5プッシュ、髪全体 2~3プッシュ

髪の広がりを抑え、さらさらとした髪へ

ボタニカルヘアウォーター

ボタニカルヘアウォーターは、パサつきが気になる髪にうるおいをあたえ、ベタつかずさらさらな質感に仕上げます。
もつれた髪にシュシュっとスプレー。朝の寝ぐせ直しとしても使える便利なアイテムです。
デート前、お仕事中など、気になるタイミングで使っていつでもさらさらな質感へ。

こんなあなたにおすすめ!

  • 寝ぐせがつきやすい
  • 髪の匂いがきになる
  • 髪がパサつく
  • 広がりを抑えた、サラサラ髪になりたい

使い方

タオルドライ後、または乾いた髪に適量をスプレーします。
そのあとコームや手ぐしでなじませます。傷んだ毛先やもつれやすい部分は、多めにスプレーするのもおすすめ。
洗い流しは不要です。

使用目安量

  • [ ショート ]:2プッシュ
  • [ ミディアム ]:3プッシュ
  • [ ロング ]:4プッシュ

まとめ

アウトバスアイテムを使って日常的に受けるダメージから髪を守り潤いをあたえ、あなたが理想とする髪を手に入れましょう。
いつもあなたのそばに植物の恵みがありますように…。

今回紹介したアイテム