柊と暮らし

  • LIFE STYLE

クリスマスシンボルの一つといえば柊(ひいらぎ)。

クリスマスが近づくと、街はイルミネーションで彩られ、幻想的な世界に包まれます。
ギザギザの葉っぱと、赤くて丸い小さな木の実が特徴的な柊は、この季節によく見かける植物。
魔除けのアイテムとして使われたり、いい香りがする花を咲かせたりします。

今回は意外と知られていない、柊についてご紹介します。

柊の種類

実は柊にはいくつか種類があり、私たちがクリスマスにイメージする柊は赤い実をつける「セイヨウヒイラギ」と言います。
日本の「ヒイラギ」は、実が黒っぽく、葉っぱのつき方も違います。
「ヒイラギ」は向かい合って葉をつける対生、「セイヨウヒイラギ」は交互に葉をつける互生。
見た目は似ていても、観察すると違う部分がたくさんあります。

また、「セイヨウヒラギ」は英語で「Holly」「Christmas Holly」と呼ばれ、聖なる木として大切にされています。

魔除けのアイテム

柊が使われるのは、クリスマスだけではありません。
日本の一部地域では、節分に「柊鰯(ヒイラギイワシ)」といって、焼いた鰯の頭と柊の小枝を門戸に飾る風習があります。
これは家庭内に邪気を入れない、魔除けの一環。
柊のトゲトゲとした葉が「鬼の目を刺す」とされ、古くから残る伝統の一つだそう。

柊の花

そんな魔除けのアイテムとして使われている柊ですが、11月〜12月の間に、雪のように白く愛らしい小さな花をつけます。その香りは甘く爽やかで、金木犀に近いと感じる人もいます。
柊の甘い香りに包まれると、暖かな気持ちになり、心がほっとします。
なかなか柊の花を目にする機会はありませんが、もし見かけたらぜひ香りを楽しんでみてくださいね。

BOTANISTのウィンターギフト

BOTANISTの「ボタニカルウィンターセット」では、柊の香りを閉じ込めた、特別なアイテムをご用意。
柊の甘い香りに包まれて、心もからだもリラックスしたバスタイムをお楽しみいただけます。
植物図鑑をイメージしたギフトボックスには、小さなメッセージカードつき。

今年の冬は、大切な人に柊の恵みを贈りませんか?