なんとかしたい夏のベタつき&カサカサ肌!夏のスキンケア術

  • SKINCARE

夏は皮脂が多く、肌のベタつきや毛穴の角栓が気になります。それなのに、頬や口元はなぜかカサカサ。スキンケアに何を使ったらいいのか選ぶのも難しく、メイクにはテクニックが必要になってきます。そんな肌悩みで困っている人は、夏仕様のスキンケアができていないのかも。

夏特有の気候、さらには年齢による変化も肌のベタつき・カサカサの原因です。
年齢とともに失われていく潤いを取り戻しながらサラッとした肌に仕上げるには、夏仕様のスキンケアがカギになります。

夏のベタベタとカサカサが同時に起こるのはなぜ?

夏は気温や湿度の上昇から、汗とともに皮脂の分泌が活発になります。特にTゾーンはテカリが気になるくらい大量に分泌されます。これがベタベタ肌の原因。逆にUゾーンは皮脂腺が少なく皮脂が出にくいため、乾燥しやすい部分になります。

オフィスやショッピングモールなど屋内では、どこへ行ってもエアコンがついていますよね。快適な温度になると汗や皮脂は抑えられますが、空気が乾燥しているので肌の水分は奪われていきます。

肌が乾燥すると表面にあるバリアが壊れて、肌の内側にある「天然保湿因子」という潤い成分が逃げてしまいます。これがカサカサした肌の原因になります。

大人の女性にあらわれる肌の変化について

さらに、10代の頃と比べると、私たちの肌はどんどんと変化しています。10代では活発だったターンオーバーも、年齢とともに代謝が落ちて乱れがちに。すると肌のバリア機能もうまく働かなくなります。肌の乱れた部分からは、天然保湿因子が逃げていくので潤い不足に。

また、社会的にキャリアのある女性は、皮脂が多く肌のベタつきやテカリが強い傾向があります。仕事のストレスや不規則な生活がホルモンバランスや自律神経の乱れを引き起こし、皮脂を過剰に分泌しているのかもしれません。

夏の困った肌のために、季節に応じたスキンケアをお試しください。

夏をのりきるスキンケア術でサラサラ素肌美人

汗や角栓の汚れを残していると毛穴が詰まり、ニキビや毛穴の黒ずみ、ざらつきといった肌トラブルに発展する可能性もあります。
また、洗顔後の化粧水や美容液の成分が肌(角質層)へ浸透するジャマにもなります。
夏のベタベタ・カサカサ肌は、スキンケアで対策をとることをおすすめします。

クレンジングでベタつきと毛穴汚れをしっかり落とす

夏はしっかりと汚れを落とせるクレンジングがオススメですが洗浄力が強いと肌には負担になります。
使用するクレンジング剤の種類によって、正しい洗い方をマスターするのもポイントです。

カサカサさせない洗顔方法

乾燥させないためには、洗顔料をしっかり泡立てて弾力のある泡をつくることが大切です。
Tゾーンなどテカリが気になる部分はゴシゴシこすって洗いたくなりますが、肌を泡で包み込んだら2〜3分待つだけ。
こすりすぎると肌が傷つき、汚れと一緒に潤いまで落としてしまいます。
特にUゾーンは乾燥しやすく、洗顔時に摩擦がかかり、角質層が傷つきやすい部分になります。

すすぎには人肌程度のぬるま湯を。手でお湯をすくって、優しく洗い流しましょう。生え際や小鼻はすすぎ残しがないよう丁寧に。あとはタオルで押さえるように水気をとります。

保湿ケア

洗顔が終わったら、すぐに化粧水で肌に水分を補給します。ヒアルロン酸やセラミドなど保水力の高い成分が配合されていると、肌にみずみずしさを与えてくれます。

化粧水が肌になじんだら、ミルクや美容液などを使い、保湿成分をしっかり肌に届けましょう。
保湿剤を直接顔の上で伸ばすと厚めになるので、手のひらで伸ばしてから少しずつのせていくと薄くつけることができます。
Tゾーンにベタつきを感じるからといってオイルフリーのスキンケア1本でケアしてるとUゾーンの保湿ケアが足らず乾燥してしまいますので、
TゾーンとUゾーンで使い分けすることをおすすめします。

夏仕様のスキンケアをしても顔がつっぱる感じがしたら、クレンジング剤もしくは洗顔料の洗浄力が強い可能性があります。肌に必要な潤いを残して、汚れだけ落としてくれるものを選ぶようにしてくださいね。

ボタニストのボタニカルフェイスウォッシュは、植物科学×肌美容学発想の洗顔料です。植物の葉、花、実、種、根から抽出した保湿成分を配合し、洗い上がりでも肌のもっちり感を楽しめます。

弾力のあるモコモコ泡は、毛穴よりも細かい植物性のやわらか繊維を配合。クッションのような弾力で肌に優しく、細かな植物性の繊維が毛穴の汚れまで絡め取ってくれます。
※結晶セルロース(増粘剤)

潤いのあるもっちり素肌を目指して、ボタニカルフェイスウォッシュを使ってみませんか。

今回紹介したアイテム