肌は保湿が大事!スキンケアや生活の中でできる乾燥肌対策

  • SKINCARE

肌が乾燥しているとメイクのりも悪くなり見た目が気になるだけでなく、肌が荒れたり赤くなったりと日常生活に影響が出てしまうこともありますよね。肌が乾燥して突っ張っていると1日中気分が下がってしまうことも。今回はそんな乾燥から肌を守る基礎化粧品とお手入れ方法を紹介します。

肌が乾燥するのはなぜ?

実は保湿をしているつもりでも、肌が乾燥していることを知っていますか?主に湿度が下がる秋~冬は乾燥肌に悩む方が多くいます。乾燥肌とはもちろん肌の水分量が低下している状態なのですが、そもそもなぜ肌の水分量が減ってしまうのでしょうか。
肌の乾燥につながる主な原因は以下となります。

CHECK

  • クーラーやエアコンの使用
  • 間違ったスキンケア
  • 肌のターンオーバーが乱れている
  • 水分保持能力の低下

私たちの肌は、外部の刺激から肌を守るためにバリア機能というものが働いています。肌の表皮にある角質層が肌を外的から守ってくれているのです。ターンオーバーが乱れたり、冷暖房や紫外線によるダメージを繰り返し受けたりしていると、角質層の中にあるバリア機能を作っている天然保湿因子や細胞間脂質にダメージがいってしまうのです。このような状態になると、肌のバリア機能が低下し、肌の水分が外へと逃げ出しやすくなってしまうのです。

年齢によって肌に保っておける水分量や皮脂の分泌量が低下してしまうのも原因となります。肌の水分量は20代を境に水分量が減少してしまうのは有名ですよね。子供の肌がもっちりしているのは水分量がしっかりあるからです。また角質層まで潤いが届かない間違ったスキンケアも乾燥肌の原因の1つになります。

乾燥肌は正しいスキンケアで保湿対策を!

乾燥肌が気になるなら、スキンケアは欠かせません。しかし間違ったスキンケアを行ってもなかなか肌の水分量は増えないため、正しい方法でお手入れを行う必要があります。

スキンケアのタイミング

多くの方がスキンケアをするタイミングは入浴後。汚れを落としてサッパリした状態はまさにスキンケアを行うベストタイミングです。ただしお風呂から上がって時間が経つと、肌はどんどん乾燥してしまいます。

入浴後は入浴前と比べると肌の水分量がアップしています。また肌が水分を含んでいるので、角質もやわらかくなっている状態で、通常よりも化粧水が浸透しやすいと言われています。この状態でスキンケアを始めることで肌の乾燥を防げます。入浴してから時間が経つほどに肌の水分が奪われてしまうので、入浴後は15分以内にスキンケアを行いましょう。

ただし入浴後で汗をかいている場合は、汗が引くまで待ちます。汗をかいた状態で基礎化粧品をつけてもあまり浸透しないためです。

基本的なスキンケア

次に乾燥肌を防ぐスキンケアの方法を紹介していきます。間違った方法では肌に潤いが届かないこともあるので、要注意です。

まずは、クレンジングと洗顔で肌の汚れを落とします。メイクや汚れが残っていると化粧水の浸透が悪くなるのでしっかり落としましょう。汚れを落としたら、肌が乾燥しないうちに化粧水で角質層まで潤いを補給。その後、化粧水→美容液→乳液(クリーム)の順番で肌の水分が逃げないように蓋をしてあげます。

ブースターや化粧水導入液をお使いの方は、化粧水の前に使用してください。化粧水を手のひらで勢いよくパンパンと付けると肌の刺激となってしまうので、両手で包み込むように優しく浸透させるのがポイントです。

フェイスマスクを併用するとより効果的

乾燥が気になるときは、フェイスマスクを使ってたっぷりと潤いを補給してあげるのもおすすめ。普段のお手入れと比べても、ぐんと肌のもっちり感がアップします。マスクは角質層まで潤いを届けてくれるので、乾燥肌でお悩みの方にはぜひ使ってほしいアイテムです。ワンランク上のお手入れ方法としてチェックしておきましょう。

シートマスクが代表的ではありますが、クリームタイプやジェルタイプ、泡タイプなどさまざまな形状があります。クリームやジェルのマスクは塗るマスクとも呼ばれていて、寝る前に塗るだけでいいのでとても楽です。自分に合った使いやすいタイプのものを選びましょう。

マスクは使用すればするほど潤いがアップすると思いがちですが、使いすぎや付けすぎはかえって乾燥肌を助長させてしまうことがあるため、商品に書かれている使用回数や使用時間は必ず守って使いましょう。

スキンケア以外にもできる乾燥肌対策

乾燥肌対策にはもちろんスキンケアが大切ですが、スキンケアだけでは理想の乾燥肌対策とは言えません。肌のためを思うなら、以下の対策もぜひ取り入れましょう。

CHECK

  • 肌のことを考えた食事
  • 加湿
  • お風呂の温度

私たちの体は食べたものから作られています。どんなにスキンケアを頑張っても、健康的な肌を作るための栄養素がたりなければ乾燥肌はよくなりません。意識して摂りたいのは、ビタミンA、ビタミンB2・B6、そしてビタミンEです。ビタミンAは天然保湿因子(NMF)という肌の水分量に関わっている成分を作る手助けをします。

ビタミンB2・B6は皮膚を健康に保つために必要なもので、肌荒れ対策用のビタミン剤には必ず入っている成分です。ビタミンEには血行をよくする働きがあります。こちらも肌のバリア機能を手助けしてくれる作用があるため、意識して摂取しましょう。以下にビタミンA、ビタミンB2・B6、ビタミンEが多く含む食品を紹介します。

ビタミンA
豚、鶏レバー、乳製品(牛乳、チーズ)、卵
ビタミンB2・B6
牛レバー、かつお、まぐろ、アボカド
ビタミンE
アーモンド、ナッツ類、大豆、ウナギなどの魚介類

空気が乾燥していると肌の水分量も減少しやすくなるので、加湿も大切です。とくに冬場は加湿器をつけないと湿度が20~30%しかないこともあります。これだけ低いと肌だけでなく喉にもよくありません。湿度が40%を下回ると空気が乾燥している状態になるため、40~60%程度になるように加湿しましょう。

またお風呂の温度も大切です。お湯が熱すぎると必要以上に肌の皮脂が奪われ乾燥が進みます。お湯の温度が42度以上になると肌へ負担がかかるため、40度以下での入浴がおすすめです。

まとめ

乾燥肌が気になってくる秋から冬にかけて、とにかく肌に潤いを与えておくことが大切になります。
そのためには正しいスキンケアを意識して行わなければなりません。

どうしても乾燥が気になるときはスペシャルケアとしてマスクでばっちり保湿してあげるとより効果的。その他、栄養バランスや湿度、お風呂の温度などにも気をつけることで、乾燥に負けない肌作りができます。

SKINCARE SERIES

ボタニスト スキンケアシリーズ スペシャルページ