BACK
ここにコンテンツが入ります。
このコンテンツを消して、
作成したコンテンツを入れてください。

親要素の article タグの page-xxxx クラスの「xxxx」の部分に
他ページと被らないユニークなものをつけ、
このページ固有のスタイルはそのクラスに対して
スタイルを当てるようにしてください。